効果的なお金の使い方とは

お金には効果的な使い方とそうでない使い方というものがあります。特に効果的でない使い方をされたお金というものは死に金と呼ばれまして、非常に無駄にお金を使ってしまったことの代名詞のように言われます。ですのでお金を使う時には、後々のプラスになる方法を選んでいきたいものです。

効果的なお金の使い方を考えますと、最終的に資産形成の考え方に行き着いてきます。お金を増やすためにお金を使うというのが資産形成の考え方です。投資家でも無い一般人がこれを実行するためには、より効果的な金融機関にお金を預ける必要が出てきます。

例えば貯蓄型保険の場合ですと、年利2%ほどで利子が貯まっていきます。掛け金として毎月お金を支払う必要があるのですが、満期になるとそれ以上の金額になって戻って来ることを考えますと、これこそが資産形成であり効果的なお金の使い方だという事が分かるかと思います。

他に効果的なお金を使い方を考えますと投資信託関連の商品を思いつきます。これらは貯蓄保険より高い利子がありますが、投資ですので多少のリスクを背負う事になるかもしれません。投資リスクで失ったお金は、まさに死に金になりますので、投資信託は良く考えて選んで欲しいですね。

資産形成の参考にしたい情報メディアをご紹介します。
「国際金融の話」
分かりやすくまとまっていてお勧めです。

If you like this post and would like to receive updates from this blog, please subscribe our feed. Subscribe via RSS

Leave a Reply