残念なことに、公的年金だけで老後を暮らせる時代というのは終焉を迎えようとしています。理由は枝葉末節いくつかありますが、中でも最大であるのが急激に進む少子高齢化だということが出来るでしょう。公的年金というのは、労働者層、すなわち保険料を支払っている層が、定年を迎えた老後層を支える、というシステムです。そのため、自分のためのお金を積み立てることが目的なのではなく、相互扶助の観点にたった存在ということになります。

医療技術の発展により、定年後の人達が生きる年数は格段に長くなりました。少子化によって労働者層が減っているわけですから、このままの形でこのシステムを存続することは政策を大きく転換しない限り不可能です。ではどうするのか?当然ながら、公的年金とは別に老後の生計を立てることができる資金を準備しておくことが重要です。

その方法の一つとして、個人年金というものがあります。これは公的年金とは別に自分のための年金を積み立てていくというシステムです。個人年金保険商品というのは保険各社によって販売されるようになってきており、利用が広がっています。これは自分のためのお金を積み立てていくというシステムとなっています。