投資というのは上級者でなければ行ってはならないと定められているものではありません。ですので、初心者であっても別に自由に行っても良いものではあるのですが、利益が出るかどうかというのはまた別問題です。投資で利益を出せるかどうか。これは上級者だから出せるとも限りません。将来の事など誰にも解らないのですから、投資利益を得る事が出来るかどうかというのは、結局の所自分次第という事になりますからね。これはどのような投資であっても同様です。例えば不動産投資。

不動産投資はハイリスク・ハイリターンの代名詞と言われているものではありますが、上級者だから利益が出るというものではありませんし、初心者だから損をするという事は言えません。ですが、投資術というのは上級者の方が優れているでしょうから、その点に関してはやはり上級者の方が利益を得やすいといえるでしょう。それでも基本的には投資というのは上級者・初心者という事は関係ありません。

ギャンブルの世界で言う所の「ビギナーズラック」というのは投資の世界でもある話ですので、決して初心者だから損をするとは限りませんが、不動産投資がどのようなものなのかといった事くらいは把握しておくべきです。

投資ブームと呼ばれている昨今、投資は決して敷居の高いものではありません。ですが、いざ投資を始めようと思ったらいろいろと覚えておかなければならない事があるのも事実です。特に税金面。投資も課税対象ですので、利益には税金が課せられるのです。いろいろと考えると面倒だという事で、投資に興味はあるものの、投資を行なうまでには至っていないという人もいるかもしれません。ですが、税金面の事を考えるのであればNISAなるものが登場します。NISAとは「少額投資非課税制度」と呼ばれているもので、年間100万円までの利益は非課税になるのです。

しかもそれが5年間有効ですので、大きな節税効果になるであろう事は言うまでもありません。「税金くらい…」と思う人もいるかもしれませんが、NISAのおかげで非課税になる事で、取引そのものにも影響が出る事が予想されます。株式取引の利益は20%税金になりますので、税金面を考慮しなければならなかったのです。ですから、いくら数字上は売買益で利益になると言っても、取引手数料と税金を考慮したら、実はマイナスになってしまうといったケースもあります。その点も考慮しなければならかったのですが、NISAであればそれが必要なくなるのです。

社会的課題と真剣に向き合うフィンテックベンチャー